2015.07.13

ブログ

熱中症にはご注意を!!

こんばんは(*^^*) 看護師の牧です♪♪ 梅雨もあけて??夏本番ですね((+_+)) こんなに暑い日が続くと人も動物もまいりますよね… 暑い日に気を付けていただきたいのが熱中症です!!! 熱中症が進行した最悪の場合はショック症状を起こし、命に関わることもあります。 なのでこれらの事を気をつけてあげて下さい(^^)/   1.家の中でお留守番させる場合
室内の風通しに気をつけるほか、留守中はカーテンを閉めて、エアコンをドライ(除湿)モードでつけるなどして、室温が上昇しないように心がけて下さい。 窓際はエアコンを入れていても高温になりますし、逆にエアコンの向かいは、冷気が直接あたって冷え過ぎとなります。また、充分な水分補給ができるよう、飲み水の量や入れ物の置き場に注意して下さい。   2.屋外で過ごす場合 炎天下での激しい運動は避けて下さい。 リードで繋留する場合は日陰の涼しい場所を選んであげ、 充分な水分補給ができるよう、飲み水の量や入れ物の置き場に注意して下さい。   .散歩に行く場合 日中の散歩は控え、早朝か夜の散歩に切り替えて下さい。 また、なるべく草や土の上を歩かせるようにして、普段より散歩の時間を短くしてあげることも大切です。   これらを気をつけてても熱中症にかかる事もあります。
もし熱中症を疑う症状(発熱、呼吸困難など)がみられたら… とにかく冷水をかけて体を冷やすこと。 落ち着いたら早めに病院へご来院下さい!
 
熱中症

年別アーカイブ