2017.03.02

ブログ

人と犬の皮膚って同じなの(?_?)

答えはNOです   犬は一見身体が人より丈夫そうで、 地面で寝たりもするし皮膚も人よりも丈夫だと思っていませんか? 実は、犬の皮膚はとても弱いんです。   人と犬では皮膚の構造も少し違っていて、一番の違いは皮膚の厚さです。 犬の皮膚は薄く、人の皮膚の3分の1~5分の1ほどしか無いため すぐに皮膚が赤くなったり、湿疹ができたり、カサカサしたりします。   犬にもアトピー体質やアレルギー体質というのもあり、 皮膚の痒みで定期的に通院している子もいます。     犬の皮膚を守るとためにご自宅でできるスキンケアは4つです‼   その①.その子にあったご飯を食べさせましょう。 →アレルギー体質の子や皮膚の弱い子には療法食がおススメです。   その②.定期的にシャンプーやブラッシングをしましょう。 →シャンプーは必ず犬用のもので洗いましょう‼耳掃除も忘れずに。 シャンプー頻度は皮膚の状態にもよりますが月に1~2回が目安です。   その③.人と同じように保湿をしましょう。 →シャンプー後には保湿をして皮膚のバリア機能を高めましょう。 皮膚が乾燥しやすい子・フケの多い子は日頃から保湿が大事です。   その④.ノミやダニなどの寄生虫はしっかり予防しましょう。 →ノミやダニはアレルギーや痒みの原因になります。 パッと見てノミがついていなくても安心できません。目で見えない場合がほとんどです。       このように犬の皮膚は弱いものだと認識し、 日頃からしっかりスキンケアをしてあげましょう♪ 急にお腹に湿疹ができてしまったり、耳を痒がっていたらすぐにご相談下さい。   当院では皮膚病の治療に力を入れていますので、何でもご相談下さい(*^-^*)   ちなみに犬はほとんど汗をかきません。この話はまた今度(^_^)/   院長 津村

年別アーカイブ