2015.05.03

ブログ

緊急手術!!

昨夜10歳女の子のワンちゃん緊急手術を行いました。 病名は子宮蓄膿症です。 これは子宮の中で細菌が急激に増えてしまう病気で、女性ホルモンのバランスが崩れると発症してしまいます。 治療が遅れると命にも関わる病気で、一番の治療手術で子宮と卵巣を取り除くことです。   そして皆さんにお伝えしたいのは、この病気は避妊手術を行うことで予防ができるということです   今回の子のようにワンちゃんネコちゃんは、ヒトと比べると子宮の病気乳腺腫瘍になる確率がとても高いため、 当院では早期の避妊手術を強くお勧めしています‼‼ もちろん男の子去勢手術も同じです‼ 避妊手術・去勢手術はいつでもご相談下さい。   手術 院長 津村

年別アーカイブ